FC2ブログ
今日、ある方のセッションをしてきました。

とても疲れている様子で全体的に色味も薄め。顔色も悪く貧血があるとのことでした。
正直、セッションを受けること自体もちょっと・・・という感じでした。

身体に直接触れられることに抵抗があるようなら、ヒーリングの施術もできますよ・・・と
お話しましたが、リフレクソロジーの施術をやってみると言われたので、身体とエネルギー
の様子を伺いながらセッションをスタートしました。

施術中は静かに眠っている様子。
施術を続けていると、徐々に顔色に色味がさしてきました。

施術前は起き上がることも辛い様子で、エネルギーも随分と消耗していたようでした。

私はボディの施術後、全体のエネルギーを調整しています。
今回は貧血があるとのことで、貧血に対する直接的なアプローチを行うか、もっとシンプルにエネルギーの底上げをするアプローチをするか考えていたのですが、今回はシンプルに足りなくなっているエネルギーを補充するということを行いました。

施術後、表情も明るくなって顔色も良くなったので
「出産前、(生活が)忙しかったですか?」
とお聞きしたら
体調が悪くて1ヶ月間安静にしていたとのこと。

随分と不安もあったのだと思います。
精神的な不安感は、エネルギーを消耗することもあるのです。

身体と心とエネルギーはとても密接に関係しているのですよね。

出産後の施術が回復へのきっかけになりますように。



スポンサーサイト



先日、出産直後のお母さんにトリートメントをしていた時の事・・・

胸と肩に強い緊張があって、なかなか抜けなかったので

「はい、深呼吸してくださーい。吸って~、吐いて~」

と声をかけながら施術していました。

でも・・・

呼吸は深くなりません。

あれっ?(゜o゜)

その時明らかになったことですが、出産時に深呼吸をするように促されたんだそう。
「深呼吸」というキーワードで、

『また、痛い思い(陣痛)がきちゃうのかと思って、息が出来なくなっちゃって』

その後、上半身の緊張を緩める手技を行って、ゆったりとした呼吸が出来るようになったのですが

何気ない言葉でも、痛みや苦しみを身体が覚えていることがあるのですね。

出産直後だったので、顕著に反応が出たケースだと思いますが、人によってはパニック状態に
なってしまったりと深刻なケースもあると思います。

お声かけに関しても、十分注意することが必要だなと思ったのでした。

ハンズオンヒーリングは、言葉での誘導がなくても、エネルギーに直接働きかけて
緊張を緩めることが出来ます。

ご興味のある方はぜひ、体験してみてくださいね。

PAP_0156.jpg

WHAT'S NEW?